基本的にやり遂げるタイプの人間なんですが、
どうしても挫折した事が一つだけあります。
え?何かって?
ドイツ語の勉強なんですよ。
ドイツ語って、名詞に性別があって、男性・女性・中性とあるんです。
ラテン語を元にしている言語は共通点があって、
みんな名詞に性別があるんですね。
フランス語は男性と女性だけ。
ドイツ語は中性(おカマちゃんと私はよんでいます。)があるんです。
で、これによって動詞の活用や冠詞の活用が変わってくるという
この複雑さ。
そして覚える事の多さ。
何個活用形覚えれば良いんだよ~と思ってしまい、
これに挫折してしまいました。
そしてどんなに英語がシンプルで簡単な言語に感じたか。
「あー、英語ってなんてシンプルで美しい言語なんだ」
と感じ、英語の勉強には更に集中するようになりました。
夢はドイツでウインナー食べながらドイツビールを飲むことだったんですがね~。
でも、もう一度トライしてみようかな?と思っています。
話せる言語が沢山あるということは、
それだけ沢山の人と話せるという事です。
世界中の人と話せるという事。
それができれば、自分の視野も生きる世界も変わってくるはずだと私は思っています。
また、私が間に入ることで1人でも幸せになってくれる人がいればいいなぁと。
一回、挫折したドイツ語ですが、
人間は一生勉強ですから、長く細くやればいいと思うのです。
夢が現実になるかも。
もうひとつの夢は
パリのカフェでフランス語で注文してお茶すること。
フランス語も勉強中です。
4ヶ国語操る自分を妄想して、ニヤニヤしている私です。
町の中でも何処でも単語練習とか発音練習するので
完全に怪しい人になっています。
地元のお店で英会話の練習も兼ねて英語で注文していたら(店員は全員外国人の方)
完全に顔を覚えられてしまいました。
でも、こうやってスキルを高めていけるので良いと思っています。